イエモン

【TYM30 DOME セトリ】THE YELLOW MONKEYの11月7日横浜アリーナ公演のセットリスト

イエモン
うにょらー
うにょらー
ビリーの皆さんこんにちは。
最近肌の調子まで向上中、うにょらー(@unyoraaaa4)です!



我らがイエローモンキーの横浜アリーナライブ。

毎度のことですが、セットリストも最高でした!!!!

スポンサーリンク

【TYM30 DOME セトリ】2020年11月3日東京ドーム公演のセットリスト【横アリ イエモン セトリ】


THE YELLOW MONKEY – 30th Anniversary LIVE (Trailer)



30周年ライブにふさわしく、解散するまでのイエローモンキー、そして再結成から現在までを追憶できる素晴らしいいセットリストでした!!


うにょらー
うにょらー
とにかく最高!!


2020年11月7日横浜アリーナ公演


    セットリスト

  1. パンチドランカー
  2. BURN
  3. 楽園
  4. TVのシンガー
  5. ゴージャス
  6. O.K.
  7. NAI
  8. 聖なる海とサンシャイン
  9. 花吹雪
  10. HOTEL宇宙船
  11. SHOCK HEARTS
  12. 天国旅行
  13. MY WINDING ROAD
  14. LOVE LOVE SHOW
  15. 甘い経験
  16. バラ色の日々
  17. 悲しきASIANBOY


    アンコール

  1. 見てないようで見てる
  2. 天道虫
  3. パール
  4. SO YOUNG




スポンサーリンク

今回の横アリで個人的にやばかった点





うにょらー
うにょらー
毎回言っている気もしますが、神セトリでした。




東京ドームとガラッと変わったセトリ



同じ週に行われた東京ドーム公演。

コロナ流行後に世界初の規模で行われたこの伝説的ライブのセトリも個人的に神でしたが、横浜アリーナでの公演はまた一味違った神です。


11月3日の東京ドーム公演と11月7日横浜アリーナ公演のセトリ比較

1真珠色の革命時代パンチドランカー
2追憶のマーメイドBURN
3SPARK楽園
4Balloon BalloonTVのシンガー
5Tacticsゴージャス
6球根O.K.
7花吹雪NAI
8Four Seasons聖なる海とサンシャイン
9Foxy Blue Love花吹雪
10SLEEPLESS IMAGINATIONHOTEL宇宙船
11熱帯夜SHOCK HEARTS
12BURN天国旅行
13JAMMY WINDING ROAD
14メロメLOVE LOVE SHOW
15天道虫甘い経験
16パンチドランカーバラ色の日々
17Love Communication悲しきASIANBOY
18バラ色の日々
19SUCK OF LIFE
20パール
21未来はみないで

アンコール

1楽園見てないようで見てる
2ALRIGHT天道虫
3悲しきASIAN BOYパール
4プライマル。SO YOUNG

曲数は別として、ラインナップががらりと変わっているのがお分かりいただけると思います。



東京ドームでは軌跡を、横浜アリーナではファン歴が長い人にこそ楽しんでもらうセトリ



今回のセトリを受けて、個人的に感じているのが、

東京ドームではTHE YELLOW MONKEYの軌跡を、横浜アリーナではファン歴が長い人にこそ楽しんでもらう

そういうセトリになっているのではないかということです。

理由としては、

  • 東京ドームでは真珠色の革命時代から始まり、JAM→メロメ→天道虫などの曲順自体に意味を持たせるようなセトリであったこと
  • 横浜アリーナでは再結成後の曲をアンコールまで披露していないこと
  • 横浜アリーナのセトリ21曲中、SICKSから6曲も選曲されていること
  • 横浜アリーナではO.K.やNAIなどファンからの人気は高いが、カップリング曲であるがゆえに一般認知度が低い曲を披露していること

  • これらがあげられると思います。

    東京ドームはWOWOWの生中継が入ることもあり、再結成前・再結成後どちらのファンに対しても、イエローモンキーが歩んできた道と今・これからについてを「プライマル。」という曲をキーに。

    横浜アリーナでは今までずっとファンでいてくれて、ライブに通っていてくれた人が楽しめる、そして何より演奏したいと思える「ロックンロール」を。

    うにょらー
    うにょらー
    そんな思いが透けて見えるようです。





    1997年7月26日を想起する



    完全に私だけな気もしますが、今回のセトリを見返してどうしても思い浮かんでしまったのが、

    1997年7月26日天神山スキー場で開催された第1回フジロックフェスティバル


    うにょらー
    うにょらー
    ファンにとっては悔しい思いをした人も多いであろう出来事。



    THE YELLOW MONKEYを見るためだけに傘もレインコートも使えない中、モッシュやクラウド・サーフィングというフェスで良く目にする行為で他の観客に押しつぶされながらも最前列をずっと確保し続けた女性ファン達。

    それなのに、他の観客からの受けが芳しくなく、フェスを終えた吉井さんが憔悴し解散理由の何%かを占めるという出来事。

    今回の横アリのセットリストは、それを少し思い出さされます。


    うにょらー
    うにょらー
    しかし、それは決して悪い意味で思い出すのではない。





    悪い意味で思いだすわけではない理由は、今回のセットリストが「最前列で耐え続けたファン」に向けたようなセットリストであるから。

    「万人(大衆)受けする曲」


    苦悩の中でも音楽を続け、作りたい曲ではなくてもヒット曲を作れてしまう吉井さん・THE YELLOW MONKEYだから、そういった曲が何曲かあります。

    そんなTHE YELLOW MONKEYだからこそ、彼らを愛し、応援し続けてくれる人たちに向けて横アリのセットリストを組んでくれたように思います。


    こんなご時世で歓声を上げられない状況で、ライブに参加するためだけで様々な対策・対応をファンも行わなければならない中、彼らを見に行く生粋のファン達。



    うにょらー
    うにょらー
    過酷な環境でもTHE YELLOW MONKEYを見るためだけに耐えたフジロックフェスのファン達を思い起こさない方が無理です。





    スポンサーリンク

    THE YELLOW MONKEYの11月7日横浜アリーナ公演から一夜明けて






    東京ドーム公演の時もそうでしたが、今回も現地で参戦したファンの方々には頭が下がる思いです。


    歓声を上げられない、コールがあってもレスポンスができない。


    そんな中、拍手という唯一の方法で感動をメンバーに伝える。


    うにょらー
    うにょらー
    ライブ終了後には掌が内出血を起こしたというツイート・インスタをいくつも見かけました。


    あなたがたがいてくれるおかげでTHE YELLOW MONKEYはライブを開催してくれるのだと思います。

    行きたくても行けなかった人、万が一にもクラスターを発生させないため参戦を諦めた人。

    そういったファン達にとっても、万全の感染対策を行ったうえで直接応援してくれるあなたは希望です。

    本当にありがとうございました。

     

    コメントをください。

    ビリーにおすすめの貯金・節約方法!

    ファンでいるとは金を使うこと。

    金を使うとは生きるということ。

    これからもTHE YELLOW MONKEYに存続してもらうためにも、ビリーにおすすめの貯金・節約方法を紹介します!

    ブログランキング参加中です。
    スポンサーリンク
    Follow Me !
    イエモンファン!
    \節約を効率的に!/
    家計簿アプリ
    遠征費を貯める
    \節約を効率的に!/
    家計簿アプリ
    遠征費を貯める
    タイトルとURLをコピーしました