プロフィール


うにょらー
うにょらー
初めまして!



うにょらーです。(@unyoraaaa4)

この度は、当サイト「イエモンファン!」にお越しいただき、ありがとございます!

このページでは、イエモンファン!を運営している私がどんな奴なのかをお伝えさせて頂ければと思います。



スポンサーリンク

サイト運営者「うにょらー」の基本情報



イエモンファン!運営者「うにょらー」





基本情報
  • 30歳
  • 既婚
  • 2人の子どもの父
  • モンキーファン歴20数年
  • 初ライブは「THE EXHIBTION AND VIDEO FESTIVAL OF THE YELLOW MONKEY メカラ ウロコ・15」
  • 再結成してから顕著なアニーの楽しそうな表情が好き

親の影響で小学1年生でTHE YELLOW MONKEYを聞き始め、JAMにはまり、STONE BUTTERFLYにはまり…と現在までやってきました。

詳しくは後述しますが、私はある理由からファンクラブなどには入っていません(親は加入していましたが…)。



スポンサーリンク

イエモンファン!はどんなサイトか



イエモンファン!~THE YELLOW MONKEYは人生~


当サイト「イエモンファン!」は、

THE YELLOW MONKEYの

  • 歌詞についての解釈
  • 曲、アルバム紹介
  • どうしても伝えたい情報



それらについて書きつらねるサイトです。

最終目標は、古参・新規問わず様々な年齢のTHE YELLOW MONKEYファンに見てもらえるサイトとなり、

公式と何かしらの形で提携することです!

イエモンファン!の「イエモン」の名称に関しては、イエモン-FAN’S BEST SELECTION-のタイトル決定の際にメンバーとスタッフが相談し、決定したというエピソードをもとに

うにょらー
うにょらー
敬遠していたコアなファンにも受け入れてもらう手伝いができれば



そんな思いで付けております。

アルバム・タイトルに起用された〈イエモン〉という呼称は、バンドが活動していた時代はメンバー自らがこの名で呼ぶことが無かったため、特にコアなファンからは長らく否定され続けてきたもの。しかしバンドが解散してから10年近くが過ぎたいま、長く応援し続けてくれたファンにもそろそろ〈イエモン〉という略称を受け入れてもらうため、さらに本作で新たに入門する音楽ファンにも気軽に手に取ってもらうためのもっともわかりやすい愛称として、〈イエモン〉というタイトルが相応しいのではという意見がメンバーやスタッフから上がり、満場一致で正式タイトルに決定したという。

参照先:タワーレコードサイト




スポンサーリンク

イエモンファン!をなぜ作るに至ったか






イエモンファン!を作った理由。


うにょらー
うにょらー
それは、私がファンクラブに入っていなかった理由と少し被ります。




ずっと、THE YELLOW MONKEYについて話せる人がいなかった



小学生でTHE YELLOW MONKEYにハマったということからお判りいただけるかもしれませんが、

まわりは誰もTHE YELLOW MONKEYを知りませんでした。

  • ミュージックステーションに出てた!
  • CDTVで歌ってた!



テレビに出て演奏・歌唱する姿はとにかくカッコよく、本当は翌日にでも誰かと語り合いたい気持ちでいっぱいだった。

うにょらー
うにょらー
でも、誰も知らない。



「ポケモン言えるかな」を聞いている子たちが、

乗客に日本人はいませんでした

当たり前ですが、そんな歌詞を知っているはずがありません。

そうやって年を重ねるごとにTHE YELLOW MONKEYを好きであることは心のうち秘め、一人で楽しむことになっていきました。

そうしているうちに、THE YELLOW MONKEYは解散。

YOSHII LOVINSON、吉井和哉の楽曲もずっと聞き続けていたけど、誰も知らない状況に変わりはなく。

大学生になってやっと「知っている」という人に会うまでは、本当に誰一人いませんでした。

うにょらー
うにょらー
軽音楽部とは接点がなかったし、演奏する側に回る気もなかったのも原因か…



ファンクラブに入らなかったのも、「オリコンランキングに入っているのに誰も知らない」というのが若干のトラウマになり、曲を楽しむだけでいいと思ってしまったから。



THE YELLOW MONKEYのおかげで結婚



THE YELLOW MONKEY関連では、そんな鬱々とした学生時代を送ってきた私。

社会人になり、近所に住む職場の人と乗り合いで会社の飲み会に行くときに転機がありました。

下っ端なので私が自分の車を運転し、店に向かうことに。

うにょらー
うにょらー
誰も知らないと開き直っているため、TRIAD YEARとかを聞いちゃいます。


そこには、JAMに反応を示す女性が。


うにょらー
うにょらー
8時間後ぐらいにプロポーズしてました。



詳しくはコチラで…

イエモンのJAMの歌詞と意味!私はこの曲のおかげで結婚できました
THE YELLOW MONKEY(イエモン)のJAM。インパクトのある歌詞ばかりに注目がいきますが、歌詞に込められた本当の意味はべつにあります。それを紹介しつつ、私が結婚に至るきっかけになったこの曲について書いております!




嫁との出来事をきっかけに、同世代を諦めTHE YELLOW MONKEYを好きな人を探す決心



知っている人は知っているし、好きな人はちゃんといる。

うにょらー
うにょらー
そんな当たり前のことに気が付くのに17年ほどかかりました。



当時と違い、SNSが発達した今ならばファンを探すことは容易。

それも、私などイエモンファンと言えるのかと思うほどの猛者たちが。

逆に言えば、そんな猛者たちがいるのに私は今までの人生で巡り合わなかった。

うにょらー
うにょらー
なら同じく悶々としている人がいるんじゃなかろうか。



そんな考えを持つようになりました。

なら、ずっと孤独だったけどTHE YELLOW MONKEYが好きな奴がいるんだぞというサイトがあれば、何かのきっかけになるのではなかろうか。

うにょらー
うにょらー
それがこのサイトを作ったきっかけです。



幸いなことに、THE YELLOW MONKEYファン、

  • Petticoat Lane
  • BELIEVER.



ともに新規の人にやさしい印象があります。

他のバンドだと、


あの頃を知らないのにファンとか(笑)


マイナーのあの頃が至高


そんな調子で、選ばれしもののみがファンでいられるみたいなところがある一方で、THE YELLOW MONKEYのファンは、


え?再結成からの新規?ようこそ!!!


これもいいよ!あと、あれもいいし、これも絶対見るべき!


ロビン(はあはあ)



という人が多い(印象)なので、新規の人もファンになっていただきやすいはず。

そんな安心感があるからこそ、私のようなファンクラブに入っていなかった中途半端な人間でも力になれる気がしているのです。



スポンサーリンク

我が子と年末のライブに参加するために




うにょらー
うにょらー
大変申し訳ありませんが、ファンを増やすのだって打算があります。



ファンが増えればTHE YELLOW MONKEYの収入が増える。

THE YELLOW MONKEYの収入が増えれば、やりたい仕事だけをしてもらえる。

やりたい仕事だけしてもらえれば、長く続けてもらえる。

長く続けてもらえれば、私が大きくなった子どもと一緒にライブに行ける。

私自身が、親とロビンのソロコンサートに毎年行っていたように、私だって子どもと同じものを楽しみたい。

うにょらー
うにょらー
打算+エゴですね。



我が子は私以上にすごいので、

  • 2歳にしてDANDANを唄う子
  • 3歳にしてイントロクイズができる子



すさまじいです。

そんな我が子が私と同じ思いを思春期にしなくて済むように、より幅広い世代の人にTHE YELLOW MONKEYを知ってもらう手助けに、ほんの少しでもなれれば嬉しいです。



スポンサーリンク

コメント、感想お待ちしています



私のような半端者がTHE YELLOW MONKEYについて詳しいとは思っていません。

なので、あなたのお力添えが頂きたい。

私の書いた記事について

  • ご意見
  • ご感想
  • 応援コメント
  • 要望



そんなことがあれば、各ページ下部のコメントやSNSでお声掛ければありがたいです。

うにょらー
うにょらー
全てに対応ができるわけではありませんが、可能な限り対応していきたいと思っています。



よろしくお願いします

 

コメントをください。

コメントをください。

\節約を効率的に!/
家計簿アプリ
遠征費を貯める
\節約を効率的に!/
家計簿アプリ
遠征費を貯める
タイトルとURLをコピーしました